日産 ローレル (8代目 1997-2003):スタイリングを一新し居住性向上を図ったラストモデル [C35]

1968年に「ブルーバード」と「セドリック」の間を埋めるハイオーナーカーとしてデビューした「ローレル」は、1997年6月に7度目のフルモデルチェンジが実施され、8代目C35型に移行しました。基本メカニズムは先代譲りとなる一方でスタイリングは一新され、更に居住性の向上や安全・快適装備の強化が図られました。

全車にABSを標準装備

ボディタイプは先代同様4ドアピラードハードトップで、スタイリングはそれまでのボクシーなイメージから一転し、曲線基調の流麗なフォルムに変貌しました。ボディサイズは全長4,745~4,765mm×全幅1,730mm×全高1,400mmで、先代から全長・全幅・全高共に拡大された一方、ホイールベースは2,720mmで不変でした。

サスペンション形式はフロント:ストラット式/リア:マルチリンク式が踏襲され、駆動方式も先代同様FRとフルタイム4WDが設定されました。エンジンは、ガソリンは2L直6DOHC NAのRB20DE型(最高出力155ps/最大トルク19kgm)、2.5L直6DOHC NAのRB25DE型(最高出力200ps/最大トルク26kgm)、同ターボのRB25DET型(最高出力235ps/最大トルク28kgm)の3種類が用意されました。

又、引き続き2.8L直6SOHCディーゼルのRD28型(最高出力100ps/最大トルク18.2kgm)も用意されました。トランスミッションは5速MTと5速トルコン式ATが廃止され、4速トルコン式ATに一本化されました。安全装備面ではSRSデュアルエアバッグシステムに加え、新たにABSが全車に標準装備されました。

当初のグレード体系は、下から「グランドサルーン」「クラブS」「メダリスト」「25クラブS」「25メダリスト」「25メダリストSタイプX」「25メダリストJ FOUR」「25メダリストV」「25メダリストFOUR」「25クラブSターボタイプX」「25クラブSターボタイプX SUPER HICAS(4WS)・リヤスポイラー装着車」「25メダリストVターボ」がラインナップされました。

エンジンを改良

そして1998年9月にRB25DET型エンジンに可変バルブタイミング機構が採用され、アウトプットが最高出力280ps/最大トルク34kgmに向上しました。同時に、2.5L車のATがマニュアルモード付の改良型「デュアルマチックM-ATx」に変更されました。次いで1999年1月、RB20DE型エンジンがリーンバーン仕様に変更されました(スペックは変更無し)。

続いて同年8月のマイナーチェンジで内外装デザインが変更されると共に、全車にブレーキアシストが標準装備されました。同時に、ディーゼル車のエンジンが電子燃料噴射仕様のRD28E型(スペックは変更無し)に置換された他、ガソリン車に上級グレード「メダリストプレミア」シリーズが追加されました。

そして2003年1月を持って販売終了となり、ローレル34年の歴史に幕を下ろしました。後継車種として、翌2月に「ティアナ」がリリースされました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ローレル
スポンサーリンク
ビークルズをフォローする
ビークルズ