日産 ローレル (4代目 1980-1984):スタイリングを一新し、ターボエンジンを設定 [C31]

日産 ローレル 4ドアハードトップ 1980

1968年に「ブルーバード」と「セドリック」の間を埋めるハイオーナーカーとしてデビューした「ローレル」は、1980年11月に3度目のフルモデルチェンジが実施され、4代目C31型に移行しました。スタイリングが従来のアメリカ車調からヨーロッパ車調に一新されると共に、歴代モデル初のターボエンジン搭載車が設定されました。

空力特性を改善

ボディタイプは2ドアハードトップが廃止され、4ドアセダンと4ドアハードトップのラインナップとなりました。エクステリアは両ボディ共に6ライトウィンドウ化されると共に、スラントノーズの採用により空力特性が改善され、4ドアハードトップはCd値0.38を実現しました。ハードトップのボディサイズは全長4,635mm×全幅1,690mm×全高1,360mmで、先代から全長・全幅が拡大されました。

日産 ローレル セダン 1982

一方全高は若干低くなり、ホイールベースは先代と同一の2,670mmでした。サスペンション形式は先代同様、フロントにマクファーソンストラット式が、リアにはグレードによりセミトレーリングアーム式又は4リンク・コイル式が採用されました。駆動方式はFRを踏襲し、エンジンも当初、ガソリンは直4SOHCのZ型及び直6SOHCのL型がキャリオーバーされました。

エンジンは全8種類を用意

ラインナップは、1.8LのZ18型(最高出力105ps/最大トルク15kgm)、2LのZ20型(最高出力110ps/最大トルク16.5kgm)、同じく2Lキャブレター仕様のL20型(最高出力115ps/最大トルク16.5kgm)、同ECCS仕様のL20E型(最高出力130ps/最大トルク17.5kgm)、同ターボのL20ET型(最高出力145ps/最大トルク21kgm)、2.8LのL28E型(最高出力145ps/最大トルク23kgm)の6種類でした。

日産 ローレル 4ドアハードトップ 1980

又、先代に引き続き用意されたディーゼルは、直4SOHC 2LのLD20型(最高出力65ps/最大トルク12.5kgm)及び2.8LのLD28型(最高出力91ps/最大トルク17.3kgm)が採用されました。トランスミッションは、4速/5速MT及び3速/4速トルコン式ATが設定されました。又、燃費性能の点では、前述の空気抵抗低減や車両重量の軽減などにより従来から改善が図られました。

日産 ローレル 4ドアハードトップ 1980

装備面では、理想的なドライビングポジションを設定出来るフリーシートセッターや世界初のタイマー付パワーウィンドウ、足踏解除式パーキングブレーキ、車速検知式オートドアロックなど、様々な新機構が採用されました。そして翌1981年2月に新グレードとしてL20E型エンジン搭載の「GX」シリーズが、同年11月にL20ET型エンジン搭載の「ターボメダリスト」が追加されました。

日産 ローレル 4ドアハードトップ 1980

次いで1982年9月のマイナーチェンジでフェイスリフトやリアコンビネーションランプの意匠変更が実施されると共に、1.8L車のエンジンが新世代の直4SOHCユニットCA18S型(最高出力100ps/最大トルク15.2kgm)に置換されました。そして1984年10月にフルモデルチェンジが実施され、5代目C32型に移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ローレル 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
ビークルズをフォローする
ビークルズ