日産 エクストレイル (2代目 T31 2007-2015):オフロード性能を高めると共にディーゼル車を追加

日産 エクストレイル 2007

日産 エクストレイル 2007

初代モデルが2000年に発売された日産自動車のクロスオーバーSUV「エクストレイル」は、2007年8月に7年ぶり初のフルモデルチェンジが実施され、2代目モデルに移行しました。コンセプトは「アウトドアスポーツを最大限満喫するためのタフ・ギア」で、オフロード性能に一段と磨きが掛けられました。又、クリーンディーゼル車が追加された事も特徴でした。

4WDシステムを改良

ボクシーなスタイリングを踏襲するボディのサイズは、全長4,590~4,615mm×全幅1,785mm×全高1,685mmで、先代から若干拡大されました。ホイールベースは先代より5mm長い2,630mmで、車両重量は70~80kg程増加し1,430~1,550kgとなりました。サスペンション形式はフロントはストラット式を踏襲、リアはマルチリンク式に変更されました。

日産 エクストレイル 2007

日産 エクストレイル 2007

駆動方式は、先代のオンデマンド型電子制御4WD「オールモード4×4」を進化させた「オールモード4×40-i」がメインとなる他、従来同様にFFも用意されました。エンジンラインナップは一新され、当初2L直4DOHCのMR20DE型(最高出力137ps/最大トルク20.4kgm)と2.5L直4DOHCのQR25DE型(最高出力170ps/最大トルク23.5kgm)のガソリンNA2種類が用意されました。

日産 エクストレイル 2007

日産 エクストレイル 2007

トランスミッションも一新され、4速トルコン式ATに代わりCVTが採用された他、2L車には6速MTが設定されました。装備面では、4WD車に新たに坂道発進をアシストする「ヒルスタートアシスト」や、ダウンヒルでの速度を一定に保つ「ヒルディセントコントロール」(MT車を除く)が採用されました。

日産 エクストレイル 2007

日産 エクストレイル 2007

当初のグレード体系は下から「20S」「20X」「25S」「25X」の4タイプが基本で、他に専用フロントマスクなどが備わるオーテックジャパン製の特装車「アクシス」が設定されました。追って翌9月、2L直4DOHCディーゼルターボのM9R型エンジン(最高出力173ps/最大トルク36.7kgm)+6速MTを搭載する「20GT」が追加されました。

日産 エクストレイルのCM(2005)

NISSAN X-TRAIL CM(2005年)

仕様向上や燃費改善を実施

次いで2008年12月の仕様変更で全車にプライバシーガラスやスクラッチシールドが標準化されると共に、2Lガソリンエンジン搭載の新グレード「20St」「20Xt」が追加されました。続いて2009年4月に2Lガソリン4WD・CVT車の燃費改善が図られ、追って同年12月の一部改良の際にガソリン車のグレード体系が「20S」「20Xtt」「25Xtt」に変更されました。

日産 エクストレイル 2007

日産 エクストレイル 2007

次いで2010年7月のマイナーチェンジで内外装デザインが変更されると共に、4WD・CVT車に速度設定機能が備わる「アドバンスドヒルディセントコントロール」が採用されました。同時にガソリン車のグレード体系が再び見直され、「20X」「20S」「25X」の3タイプとなりました。続いて2012年7月に、20GTの仕様向上などが実施されました。

次いで2013年1月、ディーゼル車に装備を簡略化したエントリーグレード「20GTS」が追加されると共に、ガソリン車のグレード体系が「20S」「20Stt」「20Xtt」「20X」「25Xtt」に変更されました。そして同年12月にガソリン車がフルモデルチェンジを受け3代目T32型に移行、T31型はラインナップがディーゼル車のみに整理された後、2015年2月をもって全車生産終了となりました。

先代モデル:初代エクストレイル

日産 エクストレイル (初代 T30 2000-2007):オフロード性能と快適性を併せ持つSUVとして誕生
日産自動車は2000年11月、「4人が快適で楽しい、200万円の使える4駆」をコンセプトに掲げた新型クロスオーバ...

後継モデル:3代目エクストレイル

日産 エクストレイル (3代目 2013-):クロスオーバーテイストに変身し、安全装備が充実 [T32]
日産のSUV「エクストレイル」は、2013年12月にガソリン車のみフルモデルチェンジを実施し、3代目の現行型とな...

日産のSUV購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

エクストレイル 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず