歴代スズキ ジムニー フルモデルチェンジの歴史

初代スズキ ジムニー (1970-1981 LJ10/LJ20/SJ10)

スズキ ジムニー 1970

軽自動車初の本格クロスカントリー4WDとしてデビュー

スズキは1970年4月、軽自動車で初となるクロスカントリー型4WD車「ジムニー」を発売しました。ベースモデルとなったのはオート三輪メーカーであったホープ自動車が開発した「ホープスター・ON型4WD」で、スズキが製造権を買い取った上で独自に仕様変更を加え市販化に漕ぎ着けたものでした。

2代目スズキ ジムニー (1981-1998)

スズキ ジムニー (SJ30) 1981

クロカン性能を維持しつつ、快適性能も配慮

スズキ自動車の「ジムニー」は、1981年5月に11年ぶりとなるフルモデルチェンジが実施され、2代目モデルに移行しました。先代並みのオフロード性能を確保しながらオンロード性能にも配慮された事が特徴で、快適性も高められ乗用車的な乗り味を併せ持ったモデルとなりました。

3代目スズキ ジムニー (1998-2018)

ジムニーシエラ ワイルドウインド

大きな仕様変更することなく20年のロングセラーモデルに

1970年に初代モデルがデビューしたスズキの軽クロスカントリー車「ジムニー」は、3代目が1998年10月に発売され、以後20年間に渡り基本設計に変更がないまま生産が続けられるロングセラーモデルとなりました。初代モデルからの伝統であるラダーフレームシャシーと4輪リジッドサスペンションを踏襲し、軽自動車随一の悪路・雪路走破性を持つ車種となりました。

4代目スズキ ジムニー (2018-)

スズキ ジムニーXC(キネティックイエロー ブラックトップ2トーン) 2018

先進安全技術の装備など現代の基準に大幅アップデート

2018年7月5日軽四輪駆動車 新型「ジムニー」および、新開発1.5Lエンジンを搭載した小型四輪駆動車 新型「ジムニーシエラ」がフルモデルチェンジを実施され4代目となりました。

これまでの歴代ジムニー同様に、ラダーフレーム構造を継承するなど本格的なクロスカントリー走破性能は維持しつつ、事故を未然に防ぎ、お客様の万一のときの安全を確保するために運転をサポートする予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を装備するなど、現代の自動車に求められている安全技術にも対応しています。

 

ジムニー/シエラの購入を検討中なら、こちらもチェック

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ジムニー歴代モデル
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車