バモスホンダ (初代 TN360 ’70-’73):空冷360ccMR。唯一無二の個性派軽トラック

シェアする

バモス・ホンダ 1970-73

バモス・ホンダ 1970-73 (出典:favcars.com)

ホンダのオープン軽トラック「バモスホンダ」は、1970年10月に発売が開始されました。既に市場で定評のあった商用トラック「TNⅢ360」のシャシーやパワートレインを流用し、固定ルーフやドアを持たないオープンボディを架装したモデルで、商用車としては後にも先にも類を観ないユニークな存在でした。想定していた用途は、建設現場用や農山林管理用、工場内運搬用などでした。

オープンボディのみ3種類を設定

ボディ形状はキャブオーバー型トラックで、スラントしたフロントパネルに緩衝用を兼ねたスペアタイヤを備えていました。又、ドアの代わりに保護用ガードパイプが設けられ、ルーフは着脱式のキャンバストップで安全性確保の為のロールバーを装備するなど、極めて個性的な仕様とスタイリングを備えていました。ボディのバリエーションは、3種類が用意されていました。

バモス・ホンダ 1970-73

バモス・ホンダ 1970-73 (出典:favcars.com)

オープン荷台2人乗り仕様の「バモス-2」、同4人乗り仕様の「バモス-4」、荷台までカバーするトップが備わる4人乗り仕様の「フルホロ」というラインナップで、いずれもシートやフロア、インパネなどは防水仕様となっていました。ボディサイズは全長2,995mm×全幅1,295mm×1,655mmで、全長と全幅は当時の軽自動車規格の枠いっぱいのサイズで、全高はTNⅢ360よりも若干高くなっていました。

バモス・ホンダ 1970-73

バモス・ホンダ 1970-73 (出典:favcars.com)

メカニズムは商用トラックと共通

バモス・ホンダ 1970-73

バモス・ホンダ 1970-73 (出典:favcars.com)

ホイールベースは同一の1,780mmで、車両重量は「バモス-2」の場合でTNⅢ360よりも若干軽い520kgでした。基本的なメカニズムはTNⅢ360と共通で、サスペンション形式はフロントがマクファーソンストラット式、リアはドディオンアクスル/リーフ式を採用し、悪路走破性の高い足回りである事が謳われました。駆動方式はMRで、パワートレインは360cc空冷SOHC直2エンジンとドッグクラッチ式4速MTの組み合わせでした。

バモス・ホンダ 1970-73

バモス・ホンダ 1970-73 (出典:favcars.com)

エンジンのスペックもTNⅢ360から変更はなく、最高出力30ps/8,000rpm、最大トルク3kgm/5,500rpmで、最高速度90km/hの性能でした。装備面では、全席にシートベルトが備わる他、ヒーターやデフロスターなど一般的な軽自動車と比べても遜色ない装備を持っていました。又、オープンモデルに相応しく、ハンドルロック式盗難防止装置が標準装備されていました。

バモス・ホンダ 1970-73 (出典:ninjagarage.blogspot.jp)

バモス・ホンダ 1970-73 (出典:ninjagarage.blogspot.jp)

バモスホンダは、こうした軽自動車の概念を覆すような異色作であったものの、メーカーの目論見は外れ販売面では全く振るわず、僅か3年後の1973年に生産終了となりました。ある程度オフロード用途を見込んだコンセプトや外観を持ちながら、本格的な4輪駆動オフロード車「スズキ・ジムニー」のような走破性を持たなかった事や、先進的に過ぎてレジャーカーとしての用途も見込めなかった事などが要因でした。

N-BOXの購入を検討中なら、こちらもチェック!

N-BOXの下取り、買取り査定相場を知りたいなら

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます