トヨタ MR2 (初代 AW10/11 ’84-’89):国産車初のミッドシップスポーツとしてデビュー

シェアする

トヨタ MR2 1985-89 US仕様

トヨタ MR2 1985-89 US仕様 (出典:favcars.com)

トヨタの2シータースポーツカー「MR2」の初代モデルは、1984年6月に発売されました。国産車として初のミッドシップレイアウト(MR方式)を採用した画期的なモデルで、日本の道路事情に適したコンパクトなサイズや低廉な価格設定から一定の人気を獲得した他、同年の日本カーオブザイヤーを受賞するなど評論家筋からも高い評価を受けました。

X1/9の影響が感じられるボディ

スタイリングは、同じくMR方式を採用する「ベルトーネX1/9」の影響が感じられるプロポーションを持つものの、デチャッタブルトップのX1/9とは異なり固定ルーフが基本でした。ボディサイズは全長3,925mm×全幅1,665mm×全高1,250mmで、X1/9よりも全幅と全高がやや大きく、ホイールベースも100mm以上長い2,320mmでした。車両重量は初期型の場合920~960kgと軽量で、X1/9最終型と大差ないものでした。

トヨタ MR2 1985-89 US仕様

トヨタ MR2 1985-89 US仕様 (出典:favcars.com)

又、サスペンション形式もX1/9同様の4輪ストラット式でした。搭載されるパワートレインは、コストダウンの為E80型「カローラ」の物が流用されました。発売当初ラインナップされたのは、1.5L直4SOHCの3A-LU型(最高出力83ps/5,600rpm・最大トルク12kgm/3,600rpm)と1.6L直4DOHCの4A-GELU型(最高出力130ps/6,600rpm・最大トルク15.2kgm/5,200rpm)で、前者はX1/9最終型に近いスペックでした。

トヨタ MR2 1985-89 US仕様

トヨタ MR2 1985-89 US仕様 (出典:favcars.com)

トランスミッションは5速MTが基本で、他に4速トルコン式ATも設定されました。グレード体系は、1.5Lエンジン搭載の「S」と1.6Lエンジン搭載の「G」及び「G-Limited」の3種類で、「G」と「G-Limited」には「ムーンルーフ」(サンルーフ)装着車が設定されました。そして1985年に一部改良を行い、ブラック仕上げだった前後バンパーとスポイラーがボディ同色に変更されました。

トヨタMR2のCM

M/CでTバールーフとスーパーチャージャー車を追加

次いで1986年にビッグマイナーチェンジを実施し、インパネのデザインが刷新されました。同時に、「G」及び「G-Limited」に従来のムーンルーフに代わりTバールーフ装着車が設定されると共に、1.6L直4スーパーチャージャー仕様の4A-GZE型エンジン(最高出力145ps/6,400rpm・最大トルク19kgm/4,400rpm)搭載車が追加されました。車両重量は、最も重いグレードで1,120kgになりました。

トヨタ MR2 1985-89 US仕様

トヨタ MR2 1985-89 US仕様 (出典:favcars.com)

又、4A-GZE型エンジン搭載車に専用のサスペンションとリアスタビライザーなどを備える「ADパッケージ仕様車」が設定されました。その他では、カタログ上の馬力・トルクが従来のグロス表記からネット表記に変更された為、見掛け上のスペックが低下しました。(※3A-LU型エンジンの場合、最高出力130ps→120ps/最大トルク15.2kgm→14.5kgm)

トヨタ MR2 1985-89 US仕様

トヨタ MR2 1985-89 US仕様 (出典:favcars.com)

又、度々専用の内外装を備える特別仕様車が発売され、1985年に「ホワイトランナー」が、1986年に「ブラックリミテッド」が、1988年に「スーパーエディション」が、1989年に「スーパーエディションⅡ」が設定されています。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます