スズキ マイティボーイ (’83-’88):スズキのマー坊とでも呼んでくれ [SS40 T]

シェアする

スズキ マイティボーイ 1983-'88 (出典:carsensor.net)

スズキ マイティボーイ 1983-’88 (出典:carsensor.net)

スズキ自動車は1983年2月、前年にフルモデルチェンジを受け2代目となった軽スペシャリティカー「セルボ」をベースとした2人乗りの軽ピックアップトラック「マイティボーイ」を発売しました。プラットフォームやパワートレインなど基本コンポーネンツはセルボと共通で、商用4ナンバー車ながら実用性よりも趣味性を重視したモデルでした。

最大積載量は200kg

スタイリングはBピラーから前はセルボとほぼ共通ながら、ヘッドランプはセルボの角形2灯式に対し当初丸形2灯式が採用されるなどの相違点がありました。ボディサイズは当時の軽自動車規格に準じた全長3,195mm×全幅1,395mmであったものの、ボディ後半部分に備わるオープンデッキの荷台の面積は一般的な軽トラックよりも遥かに狭いものでした。

スズキ マイティボーイ 1983-'88 (出典:wikipedia.org)

スズキ マイティボーイ 1983-’88 (出典:wikipedia.org)

又、最大積載量も通常の軽トラックの350kgに対し200kgと見劣りのするものでした。ホイールベースはセルボ/フロンテ/アルトと共通の2,150mmで、車両重量はそれらの車種よりも更に軽い510~520kgでした。サスペンション形式も前記車種と共通のフロント:マクファーソンストラット式/リア:リジッド・リーフ式で、駆動方式も同様のFFが踏襲されました。

スズキ マイティボーイ 1983-'88 (出典:wikipedia.org)

スズキ マイティボーイ 1983-’88 (出典:wikipedia.org)

エンジンも前記車種と共通で、4ストローク550cc直3SOHCのF5A型が採用されました。初期型のスペックは最高出力28ps/6,000rpm・最大トルク4.2kgm/3,500rpmで、他のモデルと異なりピークパワーよりも低中速トルクを重視した特性となっていました。トランスミッションは当初4速MTのみの設定だったものの、追って2速トルコン式ATが追加されました。

インテリア面では、セルボと共通のインパネが採用される他、コストダウンの為非常に質素な仕様となっていました。グレード体系は、4輪車として最も安価な45万円のプライスを実現したベースグレード「PS-A」と、荷台を覆うデッキカバー(幌)が備わる上級グレード「PS-L」の2タイプがラインナップされました。

スズキ マイティボーイのCM

M/Cで仕様が向上

そして1985年2月のマイナーチェンジにより、フロントグリルの意匠変更やヘッドランプの変更(角形2灯式に)が実施された他、エンジンのスペックが最高出力31ps/6,000rpm・最大トルク4.4kgm/3,500rpmに向上しました。同時に、PS-Lのフロントブレーキがディスク化されると共にタイヤ系が10インチから12インチにアップされました。

更にMTが5速化された他、タコメーターやトリップメーターが標準装備され、デッキカバーが廃止された代わりにルーフレールが装着されました。そして1988年1月、セルボがフルモデルチェンジにより3代目モデルに移行した事に伴い生産を終了、一代限りでスズキのラインナップから消滅しました。

スズキ アルトの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます