フェラーリ 512BB (’76-’81):前身365GT4/BBに引き続き市販車最速をキープ

シェアする

フェラーリ 512BB 1976-'81 (出典:favcars.com)

フェラーリ 512BB 1976-’81 (出典:favcars.com)

フェラーリは1971年に、同社初となるバンク角180度のV12エンジンを搭載したミッドシップ・スーパーカー「365GT4/BB」をリリース、更にそれから5年後の1976年のパリサロンで、排気量を拡大したリファイン版の「512BB」を発表しました。365GT4/BBに引き続き市販車最速モデルのポジションを維持すると共に、実用トルクの増大により扱い易さが増した事が特徴でした。

365GT4/BBからボディ素材などを変更

フェラーリ 512BB 1976-'81 (出典:favcars.com)

フェラーリ 512BB 1976-’81 (出典:favcars.com)

ボディタイプは365GT4/BB同様フィクスドヘッドクーペのみの設定で、ピニンファリーナの手によるスタイリングにも大幅な変更はありませんでした。しかし、ボディの素材がそれまでのマグネシウムとFRPからアルミニウムに変更された他、フロントスポイラーやNACAダクトの追加、テールランプを6灯式から4灯式に変更、エグゾーストパイプを6本出しから4本出しに変更といったディテール面の相違がありました。

フェラーリ 512BB 1976-'81 (出典:favcars.com)

フェラーリ 512BB 1976-’81 (出典:favcars.com)

ボディサイズは全長4,400mm×全幅1,830mm×全高1,120mmで、365GT4/BBから全長が40mm、全幅が30mmと僅かながらも拡大されました。又、ホイールベースは同一の2,400mmとなる一方で、車両重量は280kg増加し1,515kgとなりました。ミッドシップマウントされるV12DOHCエンジンは、ロングストローク化により排気量が365GT4/BBの4.4Lから4.9Lへと拡大されました。

フェラーリ 512BB 1976-'81 (出典:favcars.com)

フェラーリ 512BB 1976-’81 (出典:favcars.com)

出力は低下した一方トルクが向上

フェラーリ 512BB 1976-'81 (出典:favcars.com)

フェラーリ 512BB 1976-’81 (出典:favcars.com)

4基のウェーバーキャブレターと9.2:1の圧縮比から発生するアウトプットは、最高出力355HP/6,200rpm・最大トルク45.9kgm/4,600rpmで、365GT4/BBの最高出力375HP/7,200rpm・最大トルク44kgm/3,900rpmから最高出力が20HP低下した半面、最大トルクは1.9kgm向上しました。トランスミッションは同じく5速MTを採用するものの、ファイナルも含めギアレシオは異なっていました。

フェラーリ 512BB 1976-'81 (出典:favcars.com)

フェラーリ 512BB 1976-’81 (出典:favcars.com)

最高速度は365GT4/BBと同一の302km/hで、ライバルの「ランボルギーニ・カウンタック」を2km/h凌いでいました。その他、4輪ダブルウィッシュボーン式のサスペンション形式や、ラック&ピニオン式のステアリング形式、4輪ベンチレーテッド式ディスクブレーキなどの基本メカニズムが365GT4/BBから踏襲されました。

フェラーリ 512BB 1976-'81 (出典:favcars.com)

フェラーリ 512BB 1976-’81 (出典:favcars.com)

一方ホイールとタイヤは、365GT4/BBが4輪とも7.5L×15ホイール+215/70VR15タイヤの組み合わせであったのに対し、リアが9J×15ホイール+225/70VR15タイヤにワイド化されました。そして1981年に米国の強化された排出ガス規制に対応する為、それまでのウェーバー・キャブレターをボッシュKジェトロニック燃料噴射装置に置き換えた「512BBi」にマイナーチェンジされました。

フェラーリ 512BB 1976-'81 (出典:favcars.com)

フェラーリ 512BB 1976-’81 (出典:favcars.com)

スペックは最高出力が15HPダウンの340HP/6,300rpm、最大トルクは0.1kgmアップの46kgm/4,200rpmとなり、同時に5速MTのギアレシオが変更されました。この変更に伴い、最高速度は280km/hに低下しました。そして1984年に、後継モデル「テスタロッサ」に後を譲り生産終了となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます