フェラーリ F430 (’04-’09):360の後継モデルとして登場したMRスポーツ

シェアする

フェラーリ F430 2004

フェラーリ F430 2004

フェラーリは「360モデナ/スパイダー」の後継モデルとして、同じくMR方式を採用したベルリネッタ「F430」を2004年のパリ・サロンで、追ってオープン・ボディの「F430スパイダー」を2005年のジュネーブ・ショーで発表しました。プラットフォームがリファインされボディ剛性がアップした他、排気量拡大や電子デバイス導入による走行性能の向上が図られました。

フロント/リア廻りのデザインを変更

ボディのデザインは360モデナ/スパイダー同様ピニンファリーナの手により行われ、スタイリングは前作の面影を残すものの、フロント廻りとリア廻りの意匠がより迫力あるものとなりました。ボディサイズは全長4,512mm×全幅1,923mm×全高1,214mm(ベルリネッタ)/1,234mm(スパイダー)で、360モデナ/スパイダーと大差ないディメンションが維持されました。

フェラーリ F430 2004

フェラーリ F430 2004

ホイールベースは同一の2,600mmで、車両重量はベルリネッタが360モデナから20kg増しの1,450kg、スパイダーが360スパイダーから130kg増しの1,520kgとなっていました。ミッドに搭載されるV8DOHCエンジンは360モデナ/スパイダーから一新され、排気量が0.7L大きい4.3Lとなりました。スペックは最高出力で89HP、最大トルクで9.4kgm上回る483HP/8,500rpm・47.4kgm/5,250rpmを発生しました。

フェラーリ F430 2004

フェラーリ F430 2004

トランスミッションは6速MTの他に、360モデナ/スパイダーに引き続き「F1マチック」と呼ばれる6速セミATが用意されました。F1マチック搭載車は「F430 F1」及び「F430スパイダーF1」と呼ばれ、MT車と区別されました。ベルリネッタのパフォーマンスは、最高速度が360モデナから20km/hアップの315km/h、0-100km/h加速は0.5s短縮され4sとなりました。

スタビリティコントロールや電子制御ディファレンシャルを採用

一方スパイダーは、最高速度がそれより4km/h低く、0-100km/h加速は0.1s遅いタイムでした。サスペンションは4輪ダブルウィッシュボーン式が踏襲されると共に、新たに電子制御ダンパーが採用されました。同時にスタビリティコントロールの「ASR」や、電子制御ディファレンシャルの「E-Diff」が採用され、走行性能と共に扱い易さの向上が図られました。

フェラーリ F430 2004

フェラーリ F430 2004

又、ホイール&タイヤはパワーアップに対応する為、360モデナ/スパイダーのフロント:7.5J×18ホイール+215/45ZR18タイヤ/リア:10J×18ホイール+275/40ZR18タイヤから、フロント:9J×19ホイール+225/35ZR19タイヤ/リア:13J×19ホイール+285/35ZR19タイヤへとインチアップ及びワイド&扁平化が図られました。

フェラーリ F430 2004

フェラーリ F430 2004

そして2007年のフランクフルト・モーターショーで、ベルリネッタをベースに更なる高性能化を図った「430スクーデリア」が発表されました。ボディは車高が15mmローダウンされると共に、車両重量が100kg軽い1,350kgに軽量化されました。更にエンジンにも手が加えられ、アウトプットが最高出力503HP/8,500rpm・最大トルク47.9kgm/5,250rpmまで向上しました。

フェラーリ F430 2004

フェラーリ F430 2004

トランスミッションはF1マチックのみの設定で、最高速度はベースモデルから5km/hアップの320km/h、0-100km/h加速は0.4s短縮された3.6sというパフォーマンスを発揮しました。その後F430シリーズは、2009年に後継モデル「458イタリア」にバトンタッチされ生産終了となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます