ダイハツ ミラ (7代目 LA275S/V L285S/V 2006-):ミライースの登場によりラインナップを縮小

シェアする

ダイハツ ミラ 2015 (出典:daihatsu.co.jp)

ダイハツ ミラ 2015

1980年に初代モデルがデビューしたダイハツの軽ハッチバック車「ミラ」は、2006年12月のフルモデルチェンジにより7代目となり、2011年に低燃費を実現した派生モデル「ミライース」が発売された後も販売が継続されています。発売当初は同社の主力軽乗用車の一つであり、多くのバリエーションが存在したものの、現在はラインナップが大幅に整理されユーザー層を限定して細々と生産が続けられています。

ムーヴとコンポーネンツを共用

ボディは先代に設定のあった3ドアが廃止されて5ドアに一本化され、ベルトラインが後方に掛けて跳ね上がる躍動的なスタイリングが採用されました。又、先代の「ミラアヴィ」に替わる上級指向のモデルとして、専用デザインのフロントマスクや仕立ての異なる内装を持つ「ミラカスタム」が設定されました。ボディサイズは全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,530mm~1,540mmで、先代ミラよりも全高が40mm高くなりました。

ダイハツ ミラ 2015 (出典:daihatsu.co.jp)

ダイハツ ミラ 2015

プラットフォームは先行して発売されたL175/185型「ムーヴ」と共通で、ホイールベースが先代から100mm延長され2,490mmとなった他、車両重量も先代よりも重い740kg~880kgとなりました。駆動方式は先代同様FFとオンデマンド式4WDが設定され、サスペンション形式も前:マクファーソンストラット式/後:トーションビーム式(FF)・3リンク式(4WD)が踏襲されました。

ダイハツ ミラ 2015 (出典:daihatsu.co.jp)

ダイハツ ミラ 2015

エンジンは、ムーヴと共通の0.66L直3NAのKF-VE型(最高出力58ps/7,200rpm、最大トルク6.6kgm/4,000rpm)及び同ターボのKF-DET型(最高出力64ps/6,000rpm、最大トルク10.5kgm/3,000rpm)に刷新され、後者はミラカスタムのトップグレード「RS」に設定されました。トランスミッションは、発売当初はグレードごとに5速MT、3速/4速トルコン式AT、CVTと多彩なバリエーションが用意されました。

主力の座を降りラインナップを整理

又、ミラにアイドリングストップ機構搭載グレードが設定され、当時のガソリン車トップとなる27km/Lの燃費を実現しました。そして2007年12月、旧型のまま販売が継続されていた「ミラバン」が、3ドアボディを持つ新型に切り替えられました。次いで2011年7月、4WD・CVT車のエンジンが低燃費の第2世代KF型に置換され、全車にABSが標準装備された一方で、ミラカスタム「RS」がカタログ落ちし全車NAエンジンとなりました。

ダイハツ ミラ 2015 (出典:daihatsu.co.jp)

ダイハツ ミラ 2015

そして2013年2月、ミラシリーズの販売の主力が完全にミライースに移行した事に伴いラインナップを大幅に縮小し、セダンの「Xリミテッド」とバンの「TX」のみのグレード体系となり、ミラカスタムは生産終了となりました。更に2014年6月には、「Xリミテッド」のCVT仕様がカタログ落ちし5速MT仕様に一本化されました。

ミライースの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます