シェルビー デイトナ (1964-1965):ル・マン24時間レースで勝つために生まれたレーシングカー

シェルビー デイトナ Coupe (CSX 2601) (1965)

レーシング・ドライバーのキャロル・シェルビーにより創立されたアメリカの自動車メーカー、シェルビー・アメリカンは、1964年にル・マン24時間レースへの参戦を前提としたレーシングカー「デイトナ」(コブラ・デイトナ・クーペ、デイトナ・コブラとも呼ばれる)を完成させました。実戦においては同じくシェルビー・アメリカンの手が加わった「ACコブラMKⅡ」をしのぐパフォーマンスを発揮、輝かしい戦績を残しました。

新車購入ガイド:【2022最新】フェアレディZの値引き 納期 乗り出し価格

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

空力ボディを採用

シェルビー デイトナ Coupe (CSX 2601) (1965)

車体構造はスチール製ラダーフレームとアルミニウム製ボディの組み合わせで、ボディタイプはACコブラMKⅡが空気抵抗の大きいロードスターであったのに対し、デイトナでは空力特性に優れたフィクスドヘッド・クーペ型ボディが採用されました。そのため、「デイトナクーペ」とも呼ばれました。スタイリングは、ロングノーズのプロポーションとファストバック&コーダトロンカのフォルムが特徴でした。

シェルビー デイトナ Coupe (1964-1965)

ボディサイズは全長4,150mm×全幅1,720mm×全高1,180mmで、ACコブラとの比較では長く広く、そして低いディメンションとなっていました。一方、ホイールベースは同一の2,286mmで、車両重量もほぼ同等の1,043kgでした。サスペンション形式は、前後ともAアーム/トランバーススプリング式による独立懸架式が採用されました。

新車購入ガイド:【2022最新】GR86の値引き 納期 乗り出し価格

フォード製V8エンジンを搭載

シェルビー デイトナ Coupe (CSX 2601) (1965)

駆動方式はACコブラ同様のFRが踏襲され、エンジンも同じくフォード製4.7L V8OHVの「ウィンザー」が搭載されました。スペックは、10.8:1まで高められた圧縮比や4基のウェーバー48IDAキャブレターの採用などにより、ACコブラを大きく上回る最高出力390ps/6,750rpm・最大トルク47.1kgm/4,000rpmを発生しました。

シェルビー デイトナ Coupe (CSX 2601) (1965)

トランスミッションはボルグワーナー製の4速MTが組み合わせられ、最高速度319km/h・0-60mph加速4s・0-100mph加速8.8s・0-400m加速12.1sというパフォーマンスを発揮しました。ブレーキはフロントがガーリング製のディスク式、リアがドラム式で、ステアリング形式はロック・トゥ・ロック2.75回転のレシオが備わるリサーキュレーティング・ボール式が採用されました。

生産台数は6台

シェルビー デイトナ Coupe (CSX 2299) (1964)

また、ホイールはマグネシウム合金製、タイヤはグッドイヤー製ストックカースペシャルが採用されました。そのサイズはフロントが6J×15インチホイール+6.70×15インチタイヤ、リアが8J×15インチホイール+8.20×15インチタイヤの組み合わせとなっていました。生産台数は、翌1965年にかけて6台が製造されました。

実戦においては、1964年のル・マン24時間レースのGTクラスで優勝したことをはじめ、翌1965年にかけて10のレースで優勝を果たしました。また、1965年のボンネビル・ソルトフラッツにおいて23の新記録を樹立するなど、レース以外の場でもパフォーマンスの高さを遺憾なく発揮しました。

新車購入ガイド:【2022最新】GRスープラの値引き 納期

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

その他メーカー時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ