日産 マーチ スーパーターボ (EK10 ’89-’91):ターボとスーパーチャージャーのダブルチャージ

シェアする

日産 マーチ スーパーターボ 1989-'91 (出典:favcars.com)

日産 マーチ スーパーターボ 1989-’91 (出典:favcars.com)

日産のBセグメントコンパクトカー「マーチ」の初代モデルは1982年にデビューし、1985年にターボエンジン搭載の高性能版「ターボ」が、更に1988年にダブルチャージャーエンジン搭載の競技専用車「R」が追加されました。そして1989年1月に、「R」と同じエンジンを搭載するロードゴーイングバージョンの「スーパーターボ」が発売されました。

戦闘的なスタイリング

ボディは3ドアのみの設定で、ボンネットフード上のエアインテークや埋め込み型のフォグランプ、ルーフスポイラーなどにより、ベースモデルのプレーンなスタイリングに戦闘的な雰囲気が付加されていました。ボディサイズは全長3,735mm×全幅1,590mm×全高1,395mm、ホイールベースは2,300mmで、他のグレードと比較すると全幅が30mm拡大されていました。

日産 マーチ スーパーターボ 1989-'91 (出典:favcars.com)

日産 マーチ スーパーターボ 1989-’91 (出典:favcars.com)

車両重量は「ターボ」の720kg~740kg、「R」の740kgより重い770~780kgで、フロント荷重の大きさによりハンドリングはアンダーステア傾向の強いものでした。サスペンション形式は他のグレード同様フロントがストラット式、リアが4リンク・コイル式でした。タイヤは、他のグレードよりもワイドかつ扁平な175/65R13が採用されました。

日産 マーチ スーパーターボのCM

モータースポーツを前提にしたエンジン

駆動方式は他のグレード同様FFで、エンジンは930cc電子燃料噴射式直4メカニカルスーパーチャージャー+ターボチャージャーのMA09ERT型でした。スペックは「R」と同一で、最高出力110ps/6,400rpm・最大トルク13.3kgm/4,800rpmのアウトプットを発生しました。リッター当たり118psに達する最高出力は、当時の市販車としては特出したものでした。

日産 マーチ スーパーターボ 1989-'91 (出典:favcars.com)

日産 マーチ スーパーターボ 1989-’91 (出典:favcars.com)

スペックを「ターボ」に搭載された987cc直4ターボのMA10ET型エンジンと比較すると、最高出力で34ps、最大トルクで2.5kgm凌ぐものでした。尚、排気量がベースモデルに搭載されるNAのMA10S型エンジン(こちらも987cc)やMA10ET型エンジンよりも小さいのは、モータースポーツ規約における過給係数から逆算し、1.6Lクラス内に収まるようボアを縮小した為でした。

又、出力特性は低回転~中回転域ではメカニカルスーパーチャージャーが、高回転域ではターボチャージャーが作動し、全域でパワフルさを発揮しました。同時に、二つの過給器はシームレスに繋がる為、ドライバビリティーも良好でした。トランスミッションは、NAエンジン搭載の標準グレードや「ターボ」と同様、5速MTと3速トルコン式ATが用意されました。

日産 マーチ スーパーターボ 1989-'91 (出典:favcars.com)

日産 マーチ スーパーターボ 1989-’91 (出典:favcars.com)

MT車のギアレシオは同じく5速MTを採用する「R」とは異なり、ワイド化が図られると共にファイナルレシオもハイギアード化された為、10モード燃費は1km/L上回る16km/Lをマークしました(※AT車は12.2km/L)。インテリアは、3連メーターや本革ステアリングが備わるスポーティーなものでした。又、エンジンルーム内のスペースの関係でパワーステアリングは省略されていました。

そして1992年1月にマーチがフルモデルチェンジを受け2代目に移行した際、ホットモデルはラインナップされず、スーパーターボは1代限りで生産終了となりました。

日産 マーチの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます