マツダ グランドファミリア (’71-’78):1代限りとなったファミリアの上級車種

シェアする

マツダ グランドファミリア クーペ 1971-78

マツダ グランドファミリア クーペ 1971-78 (出典:favcars.com)

マツダは1971年9月に「ファミリアプレスト」と「カペラ」の間を埋める新たな大衆車として、「グランドファミリア」を発売しました。同時発売された初代「サバンナ」とはシャシーやボディを共有する姉妹車種の関係にあり、ロータリーエンジン専用車であったサバンナに対しグランドファミリアはレシプロエンジン専用車で、目新しい機構は少なく手堅く纏められていました。

サバンナとの外観上の相違はフロント&リア廻り

ボディのタイプはサバンナと同様、4ドアセダンと2ドアクーペ、そして5ドアのバン(サバンナは乗用車規格のステーションワゴン)の3種類がラインナップされました。サバンナとは主にフロントマスクとリア廻りの意匠が異なり、丸型4灯式ヘッドランプと丸型リアコンビネーションランプのサバンナに対し、角型2灯式ヘッドランプと角型リアコンビネーションランプが採用されました。

マツダ グランドファミリア クーペ 1971-78 (出典:wikipedia.org)

マツダ グランドファミリア クーペ 1971-78 (出典:wikipedia.org)

ボディサイズは全長3,995mm×全幅1,595mm×全高1,345mm(クーペ)/1,375mm(セダン・バン)で、ファミリアプレストより一回り大きく、サバンナとの比較においてはフロントマスクの意匠の違いにより全長のみ70mm短いものでした。ホイールベースはサバンナと共通の2,310mmで、サスペンション形式も同一の前:マクファーソンストラット式/後:リジッド・リーフ式でした。

エンジンは1種類のみでスタート

エンジンは、発売当初は1.3L直4SOHCシングルキャブ仕様のTC型(最高出力87ps)のみの設定で、複数のユニットが設定されていたライバルの「トヨタ・カローラ」や「日産・サニー」などとは対照的でした。トランスミッションは、4速MTと3速トルコン式ATが設定されました。グレード体系は、下から「スタンダード」「デラックス」「LX(セダン)/FX(クーペ)」「GL(セダン)/GF(クーペ)」でした。

マツダ グランドファミリア セダン 1971-78

マツダ グランドファミリア セダン 1971-78 (出典:favcars.com)

この内、「FX」「GF」「GL」にはフロント・ディスクブレーキが、そして「GL」のみに国産車初のガラスプリントアンテナが装備されました。又、インパネのデザインはサバンナと共通であったものの、サバンナでは全車に装備されていたコンソールボックスは「GF」のみに採用されました。そして1972年2月に、カペラ用の1.5L直4SOHCシングルキャブのUB型エンジン(最高出力92ps)を搭載する「1500S」シリーズが追加されました。

低公害車を追加

マツダ グランドファミリア クーペ 1971-78

マツダ グランドファミリア クーペ 1971-78 (出典:favcars.com)

次いで1973年10月にマイナーチェンジを実施し、これもカペラに搭載されていた1.6L直4SOHCシングルキャブのNA型エンジン(最高出力100ps)を搭載する「1600」と、同エンジンを昭和50年排出ガス規制に適合させた「CEAPS」仕様(最高出力90ps)を搭載する「1600AP」がラインナップされると共に、5速MT車が設定されました。同時に「1500S」はカタログ落ちしました。 

マツダ グランドファミリア セダン 1971-78 (出典:wikipedia.org)

マツダ グランドファミリア セダン 1971-78 (出典:wikipedia.org)

続いて1975年9月に2度目のマイナーチェンジを実施し、フェイスリフトによりヘッドランプが丸型2灯式に変更されると共にフロントグリルの意匠も変更され、全長が80mm延長されました。同時に「1600AP」が昭和51年排出ガス規制適合となりました。更に1976年2月には、「1300」も同様に昭和51年排出ガス規制適合となりました。そして1978年10月、後継モデルが発売される事なく生産終了となりました。

セダン・ワゴンの人気車を購入検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK