日産 シルビア (6代目 S14)の口コミ評価:中古車購入インプレッション

日産 シルビア '96-'98

日産 シルビア ’96-’98

私は小さい頃から車が大好きでした。私には兄もいますが、兄弟でよくチューンドカーを見て喜んでいました。今の時代ではそこまでチューンドしてあるスポーツカーは走っていませんが、私が小学生ぐらいのときはよく走っていました。そして、それから数年たち、私は20歳のときに自動車免許を取りました。そして、その年の2月に念願のスポーツカーを手に入れました。

MTが欲しかったけど

はじめは「スポーツカーと言ったらマニュアルでしょ!」と思っていたのですが、回りの人に「はじめはオートマで運転になれたほうが良いよ」と言われしかたなくオートマの車を買うことにしました。しかし、オートマのスポーツカーってあるのかな・・。と思いながらも中古車屋さんに行ってみると、あったんです!しかも私が小さい頃から好きな車でした。

グレード的にはそんなに良くないのかもしれませんが、はじめからこの車に乗れるのか!と思い、つい購入してしまいました。それがこの「S14シルビア」です。スペックは日産6代目シルビアS14後期型Q’sのオートマです。

しかも、私のはサンルーフも付いており見た目はすごくカッコ良かったです。色はシルバーでした。本当はホワイトが欲しかったのですが、シルバーでも全然カッコ良かったです。Q’sなのでNAで160馬力でした。ターボ車と比べると非力ですが、はじめはこの位で調度良いと思い楽しんでしました。金額も20万円と安かったです。

はじめての車だったので何をするにもはじめてで、やっぱりスポーツカーと言えば、チューンドがしたい!と思い、インターネットでこの車に付くマフラーを探しました。すると、少し遠かったのですが専用のマフラーを取り扱っているお店があったので、そこまで兄とドライブしました。

マフラーを買ったら工賃をサービスしてもらった

初めての高速道路だったので、結構怖かったですが、無事にお店に着くことができました。そこで店員さんに「このマフラーください!」と言ったら、店員さんが「このお店今月で閉めることになったから工賃無しで良いよ」と言ってくれて、工賃なしで装着してもらえました。そしてお礼を言ってお店を出ました。

行くときは静かだった車が帰りはスポーツカーって感じの音になりウキウキでドライブして帰りました。それから、近くのお店でアクセサリーを買ったりと楽しい思い出がたくさんありました。

しかし、一年半後、私が仕事を変えたことで、車を維持することが厳しくなり、軽自動車に変えることになりました。下取り価格は0円とショックでした。しかし、この車には楽しませてもらえたので次もいい人に買ってもらえれば良いなと思いお別れをしました。私にとっては車は最高の友達です。これからもカーライフを楽しんでいきます。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

シルビア インプレッション
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ